アルミカーポート DIY 柱

友人が太陽光カーポートの存在を知らず、

カーポートを実質無料で設置出来ませんでした。

その悔しさから効率の良い副業で

カーポート代を回収できたリアルな方法です!

↓↓↓

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

アルミカーポートの柱を設置するときの3つの重要なポイント!

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

アルミカーポートのDIYで一番気を使うのが柱の設置でしょう!
柱の設置について重要なポイントが3つありますので位置決め前にイメージしておくとスムーズに作業もはかどり、間違いもなくなるかと思います。

 

アルミカーポートの柱を設置する3つのポイント!

柱の既定の根入れ

(地面に埋まっていないといけない長さ)を厳守!
柱の値入が足りないと、出来上がった時の強度がなくなってしまします。カーポートを支えてる柱が不安定になるってことです。
なので、どちらかと言えば数センチくらい深く入れる感じでいいでしょう。
特に、水勾配を考慮する必要があるので、上流部を基準として設置したほうが間違いないと思います。

 

柱が垂直に立っているか!

柱がまっすぐ立っていないと、梁の組み立てができないこともあります。それに、カーポート事態も曲がってできてしまうことも防止しましょう。

 

柱間の距離がよいか!

極端に柱間が短い場合は何度も調節しましょう!マニュアルでは10センチくらいは許容範囲のようでしたが、梁の部分に新しく穴をあける必要が出てきます。取説通りに進めていくなら柱間の距離もしっかりチェックしておくと安心です。

 

 

 

 

4アルミカーポートDIY柱の設置!

柱の設置は結構気を使いました。なにせ、今回は先にコンクリートで基礎を作ってしまう方法なので、ズレは許されません!

10㎝くらいなら問題ないので、私たちと同じ方法で施工する場合でも心配ありません。^^

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

建込前に柱の下部にアンカーピンと呼ばれる棒をセットするのを忘れないようにしましょう!

これがないと、柱がすっぽ抜けてしまいます。で、ピンが抜けて外れないように輪ゴムをセットすればもう安心です♪

 

 

 

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

水平器で何度も確認しながら垂直に建込ます。さすがアルミだけあって軽いので、何度も納得いくまで調整します!

この時、垂直を確認すると同時に、基本となる壁などからの離れ(距離)と柱間の距離を同時にチェックしないといけません。柱間の距離は1本目の時は関係ないので結構気楽に位置決めできます。

 

 

 

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

位置決めできたら、生コンを打設(流し込む)時にせっかくバッチリ決めた柱が動かないように固定したいです。

今回は不要な木材(その辺に転がっていました)に特大インシュロックでがっちり固定。

 

 

 

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

木材の端っこが壁に当たってれば、壁からの離れがバッチリってことなので、これなら何度もスケールで確認しなくていいですよ。

 

 

 

アルミカーポート,DIY,柱の設置,アンカーピン,位置決め

何とかカーポートの大黒柱の設置が完成!

 

 

 

 

カーポート 見積り